オーク材でダイニングテーブルを製作させて頂きましまた。



天板は、オーク材をブラウン色に着色し、脚は、黒い色の着色仕上げです。
将来的には、本当の意味でのアンティークのテーブルになって貰えればと思います。

そして、このテーブルは、W1600(~1800)D800H720というサイズです。どちらかというと少し小さめですが、伸長出来る様にしました。
普段は、ゆったり2人並べて、伸長したサイズだと何とか3人並べる感じになります。効率のよいサイズ感かもしれません。

新宿区のタワーマンションにお住いのお客様にウォールナットのダイニングテーブルを納品させて頂きました。



w2000d900h720とゆったりとしたサイズ感です。
このテーブルの脚が特徴的で,厚みが70ミリと厚くとても重厚感漂う雰囲気になっております。
納品当日カメラを忘れてしまい撮影できませんでしたが、製品ともども景色も素晴らしい感じでした。

逗子市K邸にアメリカンチェリーのカップボードを納品に伺いました。



アメリカンチェリーと真鍮取っ手の相性はやはりいい。チェリーも真鍮も経年変化し易い素材だけに今後の変化が楽しみになります。
仕様も、深さの違う引き出しを8杯と収納力も十分で、使い勝手もよいでしょう。
収納する物で決まっていたものは、唯一一升瓶だけというユニークな感じでした。その他は、こちらで使い勝手、意匠的要素を考慮して
寸法を決定致しました。

merippaさんに為めし履き用の椅子を納品させて頂きました。




べ二ワレンのラグに置くというお話だったので、ここはチーク材のウィインザー調のアームチェアをお勧め致しました。
素敵な空間に使用して頂ける事は本当に幸せな事です。

最初に,merippaさんの直営店のプロデュースを担当していたHOME STOREの昌さんからこの陳列棚のお話を頂きました。最初にお話を頂いてからかなりの時間を要し、最終的にこのような形になりました。天板には、黒檀の千切りを要し、少しクラフト感を出したかなと。

この陳列棚は、merippaのオーナーさんの製品に対する思い入れの強さ、しかも良い製品に対する寛容さが、誕生できた理由かなとも思います。もちろん、思い入れが強い分、求めている物もそれなりに大変さがありました。カウンターの長さは3600という長さ。これが一番大変でした。しかし、仕上がって見ると意外に大した事ないのかなと。ちなみに材種は、クルミ。お店で使用する材種としては、少し珍しいのかなと。確かにお薦めはしましたが、チョイスしたオーナー様の感覚が素晴らしいと思います。


こちらは、昌さんが特に力を入れていた陳列棚。鉄とクルミの組み合わせで。なかなか面白い物に仕上がりました。

正直、店舗の什器は、本当に何年ぶりだろう。思い出せないですが、今回は、什器ではなく、普段製作している住宅の家具と何ら変わらい作り、思考で製作に臨めました。これは、ひとえに昌さんとmerippaさんのオーナーさんの理解あってのお話だと思います。このお店作りに携われた事に感謝しています。有り難うございました。

3年前に納品させて頂いたウォールナット材のダイニングテーブルのメンテナンスに伺いました。
この度、旦那様の仕事の関係でアメリカ、サンフランシスコに転勤されるとの事。なんとこのテーブルをアメリカまで持って行かれるという事で、今回メンテナンスに伺いました。

ちなみにベンチ類は、カンディハウス社製。相変わらず素晴らしい製品です。随分前ですが、以前自分が勤めていた会社の製品と出くわす事は大変光栄な事です。

先日、ナラ材(突板)のカップボードを納品させて頂きました。

オープン棚の吊り戸棚と引き出しに食器などを収納する下台のシンプルな構成です。

オープンの吊り戸棚は裏板を横目にすることで、縦方向の圧迫感を少しでも軽減しました。

下台は、引き出しに食器を収納するために、高さを出しました。扉部分にもほこりが入りにくい様めしあわせ部分に定規縁を取り付けました。

今回は、特に機能面について重きを置いての製作となりました。お客様にも喜んで頂けたようで安心いたしました。

先日、アメリカンチェリー材のハンガーラックを納品させて頂きました。


ニットブランドを展開されているクライアント。当初は展示会時にのみ使用するとの事でしたが、現物を見て頂きましたら、
常にリビングに置かれれるという事になりました。ある程度お気に召して頂いたのかなと。


この製品の特長は、脚を過ぎないシェーカースタイルにし、長さが1m60cmもあるので鉄棒の垂れ止めの金物かなと。
全体的に、程よいシンプルな感じにまとまったと思います。

展示会のご様子。いい感じです。お招きいただき有り難うございました。
w1600d350h1720 アメリカンチェリー オイルフィニッシュ

実は、1年くらい前から、ウォールナットの節、割れありの材でダイニングテーブルを製作したいなとぼんやり思っていました。
しかし、ただ節や割れが入っているだけではだめなんです。やはり自分なりの基準という物があって(感覚なんですけど)、そこを
逸脱してしまうと全く違う物になります。行き過ぎない感じそんな感じの材が欲しかった。そんな時、いつもお世話になっている
材料屋さんから、こんな材があるけど、と連絡を頂き、画像を見るとなかなかいい感じでした。これはやってみるしかないと。しかし、
やはり製作してみないと結果は分かりません。でもなかなかいい感じに仕上がったと思います。




節や割れも過ぎない感じで、充分大人な方にも使用して頂けるんではないかと思います。かっこいいです。
是非、見に来て頂けばと思います。
w1800d800h700 オイルフィニッシュ  

もちろん、サイズのオーダーは承りますが、節や割れの入り方が違ってきます。こちらだけはご了承頂ければと思います。
脚の形状もオーダー頂けます。

いつもお世話になっている逗子市の1級建築士事務所アトリエけいさんに椅子2脚納品に伺いました。

どちらも、楢材で色違いのレザー仕様です。もともとお使いの楢材のテーブルに合せてのご使用です。どうやら、お打ち合わせの時クライアントが座る様になるとの事。長時間のお打ち合わせもあるそうなので、座っていて疲れない事を望みます。ちなみに、こちらで製作する椅子の座面張りは、かなりいい感じです。(もちろん自分では張りません。専門の張りやさんに依頼します。)この道、何十年という言い方は、陳腐で、いやですが、まさにそんな職人の塊みたいな方が張っています。人生の大先輩でもありますし、職人の大先輩でもあります。最初、その職人さんの提案で、張って頂いた座面は、少し厚い気もしました。しかし、座ってみると、その座り心地のいいこと。ただ、座面が厚いだけで座り心地がいいのではなく、張り地の張り方も関係して、この座り心地が、維持されているのだなと思いました。この座面の座り心地は維持したい。その一心でこの座面の厚みに合う意匠に少しずつ変更し、今の仕様に落ち着きました。がまた製作する時には、またどこか意匠変更しそうです。いろいろ書きましたが、是非一度この座面の椅子に座って頂けたらと思います。